Trinity

Trinity

日本語・中国語・英語、トリリンガル女の雑記

語学が出来ることは就職でそれ程メリットにならない…かも

4月もいつの間にか終盤ですね。学生から社会人になられた方は新しい環境に苦労している事でしょう。逆に、今大学4年生の方は就職活動の真っただ中でしょうか?暖かくなってきたから少しだけスーツが煩わしくなるころですかね…。私はラルクロス真っ只中です。少し早い五月病ですね(笑)。

 

実は、ブログの説明をこっそり変えました。

 

f:id:trinitylanguages:20170423155502j:plain

 

以前はこうなっていたのですが、3ヶ国語で書くことをあっさり諦めました(笑)。その理由として一番大きいのは、

 

Excite翻訳

 

です。実は、たまたま読んでいたExcite Blogのサイドバーに、翻訳機能が付いているのに気付き、唖然としてしまいました…。ボタン一つをクリックするだけで、私の能力と同じだけの効果があるのですから。

 

今年に入ってニュースでAIの話題が出ることが多々ありますが、面と面のFace to Faceのコミュニケーションならまだしも、文書に関しては、人間がコンピュータに負ける時代がすぐそこまで来てる気がします。その一端をExcie Blogで味わいましたね(笑)。

 

まぁ、それ以上に外国から全然アクセスがない現状が分かったというのも大きいのですが(笑)。一応、日本語・中国語・英語で会話に困ったことは皆無ですが、それでも切り替えで頭を使って書いて疲れていたので、いい機会と日本語オンリーにこっそり変えました。

 

なので、私がふと思ったのですが、今後仕事で必要な能力の第一って、実は今でもかもしれませんが、

 

コミュニケーション能力

 

だと思います。それって、明るい体育会系のウェーイって事ではなくて、様々な人と、そして、どんな状況でも冷静に対応できることと言いますか。私は外資系の会社にいて、語学はそれなりですが、私が採用された一番の理由は語学ではなく、そこだと今になって思うのです。例えば、取引相手には西洋人、中国人、そして日本人がいますが、それぞれ商売のやり方や考え方が全然違います。だから、それぞれの顧客に対して上手く対応しなければなりません。

 

同時に、会社に所属しているので、会社のルールでどうしても変えられないところがあります。そこは、相手が西洋人だろうと中国人だろうと、日本字だろうと私は一歩も引きません。けど、喧嘩になってはいけませんし、今のところそのような状況はありません。

 

コミュニケーション能力って何だろうかと考えると結局は

 

バランス

 

なのではないかと思います。では、そのバランス能力を身に着ける一番の方法は何かと言うと

 

経験

 

だと思います。だから、学生時代は沢山の人に会うべきだと思います。サークル、バイト、ゼミ色々な人に会えるし、色々なシチュエーションを味わえます。

 

このようなことを書くと、サークルもバイトもしてないと駄目なのかという意見がありますが、駄目ではないと思います。只管勉強していたというのも立派な経験です。

 

小言というかつまらない内容になってしまいましたが、今就職活動で苦労している方は参考にして欲しいです。その苦労も経験です。そして、春から大学生になられた方は是非沢山の経験をして欲しいなと思います。

 

あ、タイトルの語学に関してなのですが、私の所属している会社は基本的に英語が必須です。明確にTOEICTOEFLの点数の規定はないのですが、親会社とのやり取りや、全国(日本全国ではなく世界各国)の人が集まっての会議は全て英語で行われるので…。だから、外資系の会社で働こうと考えている方は語学の勉強頑張った方がいいと思います。

 

[rakuten:book:18221226:detail]